Posted by & filed under Tech.

CentOSインストール編。

VirtualBoxを利用して、ローカル開発環境を構築していきます。

実は今回が初CenOSインストールლ(・ิω・ิლ)

おっかなびっくりです。

やっちゃいます><

ads

 

VirtualBoxのインストールはこちら。

VirtualBoxインストール編。

対象

  • Windows XP
  • VirtualBox 4.0.4
  • Cent OS 5.3

 

なお、インストール時にこちらのサイトを参考させて頂きました。

ありがとうございました><

CentOS 5.3 のインストール (グラフィカル モード) | POLICY.JUGEM.CC

Cent OS DVDイメージファイル入手。

なにはともあれ、まずはモノをゲットします。

Index of /Linux/centos

※今回使用するVersionは5.3ですので、ありそなディレクトリを辿っていき

CentOS-5.3-i386-bin-DVD.iso

をダウンロードします。

  • 404 Not Found

# 容量がそれなりにありますので、多少時間がかかります。

VirtualBox側の設定

step_1

[設定]をクリック。

DVDイメージファイルのマウント
step_2

左側メニューから[ストレージ] >> ストレージツリー へ行き、+マークの付いたDVDアイコンをクリックします。

ダイアログが表示されますので、[ディスクを選択]をクリックし、

先ほど入手したDVD.isoファイルをマウントします。

以上で設定完了です。

続いて、CentOSをインストールして行きます。

仮想マシン起動

step_3

[起動]アイコンをクリック。

CentOSインストール

step_4

起動後、インストール画面が始まります。

今回はグラフィカルモードでインストールして行くので、そのまま[Enter]キーを。

メディアテストの確認
step_5

DVDメディアのテストをしますが、Skipしちゃいました。特に問題なし。

 

step_6

いよいよインストールを開始していきます。ドキドキです><

言語の選択
step_7

インストール中の言語を選択します。日本語です。

キーボードの選択
step_8

使用しているキーボードが106/109 日本語キーボードであれば、こちらも日本語で。

 

step_9

警告が表示されますが、[はい]をクリック。

 

パーティションの設定
step_10

デフォルトのまま。勉強不足でさーせん。

step_11

続いて警告が表示されますが、こちらも[はい]をクリック。

ネットワークデバイスの設定
step_12

我がマシンでは自動検出されましたので、そのまま[次へ]をクリック。

# 自動検出されなかった場合のお話は割愛させて頂きます。さーせん。

タイムゾーンの設定
step_13

日本時間を選択する場合は、[アジア/東京]を。

おそらく、デフォルトで日本時間が選択されています。

なお、[システムクロックで UTC を使用]のチェックは外します。

# どういう事だろう、と思ったところ、こちらの記事を拝見。ありがとうございます。

CentOS 4.5 on VMware Serverインストールメモ – プログラマのチラシの裏

rootパスワードの設定
step_14

肝となるrootのパスワードを設定します。

※6文字以上で、大文字小文字は区別されます!!

忘れにくく、推測されにくい、素敵なパスワードを設定してください。

# ローカル環境でも、普段からそういう心持ちでいることはとても良いことだと思うわけですよ。

インストールパッケージの選択
step_15

デフォルトのまま。

リポジトリなんかは後々コマンドで追加していく予定ですが、今は特に意識せずに。

インストール準備完了
step_16

[次へ]をクリックし、インストールを開始します。

 

step_17
インストール完了
step_18

ここまで来たら、あと少し。

まだまだ終わりでないのでお気を付け下さいまし。

# このタイミングで「メディアを取り出し」と言われますが、仮想マシン起動中はVirtualBox上の設定が変更出来ません。ゆえに取れません。そのまま再起動しちゃいます。

OS再起動、各種設定

step_19
ファイアウォールの設定
step_20

許可するサービスを選択します。デフォルトではSSHにチェックが入っています。

step_21

ファイアウォールの設定を進めると警告が表示されますが、[はい]をクリック。

SELinuxの設定
step_22

前に、SELinuxに泣かされた記憶があるので、無効にします。

# SELinuxについては、第1回 セキュアOS機能「SELinux」の基本的な仕組み – 第一人者がやさしく教える新SELinux入門:ITproを参照されたし。

 

step_23

なお、こちらも警告が表示されますので[はい]をクリック。

日付と時刻の設定
step_24

# 画面初期表示の状態では時刻がずれていましたので、手動で直しました。

ユーザーの作成
step_25

一般ユーザーを登録します。root以外のユーザーです。

※画像は架空の名前です。

太郎 – Wikipedia

サウンドカードの設定
step_26

自動検出されたサウンドカードが表示されます。

特に意識せず[進む]でも問題ないですが、なかなか綺麗なエレアコサウンドがします。

追加のCD
step_27

何か追加するものがあれば。なければ[終了]をクリック。

 

step_29

OKっす

 

完了
step_30

再起動後、最後に登録した一般ユーザーの

  • ユーザー名
  • パスワード

を入力。

無事立ち上がりました。ちょっと感動!

 

あ、忘れる前に適当なところでDVD.isoのマウントを外しておいて下さいませ。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Leave a Reply

  • (will not be published)