Posted by & filed under Tech.

一番最初に設定した、httpd.confの設定を残しときます。

対象

  • CentOS 5.3
  • apache 2.2.3

今回はこちらの記事を参考にさせて頂きました。

あざます><

httpd.conf編集

vi /etc/httpd/conf/httpd.conf

デフォルト記述と、変更点のみ列挙します。

一旦、アクセス制限を掛けます。

<Directory />
Options FollowSymLinks
AllowOverride None
# add
Order deny,allow
# add
Deny from all
</Directory>

アクセス制限を拒否してから許可にするのは

モバイル開発の癖かも。

エラーページとかでapacheのバージョンを表示させないように。

# ServerSignature On
# change
ServerSignature Off

エラーページとかでOS情報を表示させないように。

# add
ServerTokens Prod

ローカル環境的に、VirtualHostで何個か運用するつもりなので

基本的には変更点は以上。

エラーチェック

confファイルのエラーチェックをし

/etc/rc.d/init.d/httpd configtest

apache起動

Syntax OK のお言葉を貰ったところでapacheの起動

/etc/rc.d/init.d/httpd start

そして、初めての起動なのでそのまま自動起動も設定しておく。

chkconfig httpd on

おしまい。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Leave a Reply

  • (will not be published)