Posted by & filed under FuelPHP, Tech.

from TMD45INC!!!

 

去る7/8(日)に開催された FuelPHP 勉強会 東京 vol.1

東京では初(?)となる FuelPHP 冠の勉強会。周りに Fueler がいない私も参加してきました!
ので、忘れないうちに簡単なまとめをば。

ads

イベント詳細

 

FuelPHP 勉強会 東京 vol.1 atnd

日時:2012年7月8日(日)13:00 ~ 17:00

会場:VOYAGE GROUP 8F パンゲア

 

勉強会参加者全員の自己紹介から始まり、スピーカーさんの発表を聞く、というスタイルでした。

 

セッション

 

はじめての FuelPHP

一番手:@akagishoさん

スライドを公開してくださっています。http://www.slideshare.net/akagisho/fuelphp-13573981

 

個人的にありがたかったのが Controller_Rest のお話。

API 提供側の構築に便利とのこと。確かに公式ドキュメントにも

Controller which has RESTful support built in.This will allow you to build API’s with ease.

と書かれていました..

私自身コントローラは Controller しか使ったことがないので、サンプルデータ(AKB!)をもとに解説してくださったのは大変参考になりました。その前に RESTful について学ばねば..

azs!

 

FuelPHP での unit test の話

二番手:@NEKOGETさん

スライドを公開してくださっています。https://speakerdeck.com/u/nekoget2/p/fuelphp1

 

今回、一番興味があったお話。unit test しなきゃいけないのはわかっているけど、手が出せないまま早や幾年..だっただけに収穫が大きかったです。

例えると、“Java の アニマルClass、犬Class の概要はなんとなくわかったんだけどそれをどうやって実務に反映したらいいか状態” だっただけに
FuelPHP を使ったテストコード、これは一見の価値ありです!

改めてここはじっくり復習したいと思います。

 

また、太っ腹な企画として、7/2 に発売されたばかりの FuelPHP 電子書籍、

はじめてのフレームワークとしてのFuelPHP

を3名限定でプレゼント!ヤッフゥ!

(あいにく? わたくしすでに購入済みなので立候補は自重w)

azs!

 

FuelPHP 実践 Validation

三番手:@wakuworksさん

スライドを公開してくださっています。https://speakerdeck.com/u/2no/p/fuelphp-validation

 

Validation の基本的な使い方から独自 Validation の方法など。特に応用として発表してくださった“フィルタによる弊害と対策例”、実際にこれに当たったケースはまだないのですが有り得ることなので肝に銘じたいと思います。
また、Validation のエラーメッセージは1ルールに対して1メッセージの設定ですが、1ルールに対して複数のメッセージを設定する独自実装も公開してくださってます。

FuelPHP の Validation メッセージって微妙に悩みどころがあるんですよね..ちょっとハマったところがあって
自分も独自に弄ったところがあるので、のちのちブログで公開してみまっす。

azs!

 

FuelPHPのフォームとか

四番手:@peketaminさん

スライドを公開してくださっています。https://speakerdeck.com/u/peketamin/p/fuelphp

実際に実務で FuelPHP を使った経験をもとにした、フォームに関する発表(など)です。
まだまだ数少ない FuelPHP の実例!私も実務で触っていますがまだまだデベロップ状態なのでプロダクトでの経験談を踏まえたお話は大変有意義でした!

初めて聞いた名前である “ポピュレイト” だったり
DB バックアップにストレージを用意するのではなく、圧縮・分割したバックアップデータを Gmail のゴミ箱に向けて送信する(→ゴミ箱内のデータは30日で削除されるので、バックアップデータの肥大を考慮しなくて良い:これは TL(#FuelPHPTokyo)沸いたのでお見かけした方も多いかも)

などなど、実例ならではのお話も聞けました。

azs!

 

 

あとがき

 

勉強会後すぐに記事を書こうと思いつつ体調不良などをはさんで結局10日ほど経ってしまいました..

が、まだまだ情報の少ない FuelPHP の勉強会に参加できたことは本当に大きな収穫でした。
なにより FuelPHP を触っている、興味を持っている方々を実際に近くに感じられたというのは個人的にも励みになりました。

 

今回の勉強会で一番思ったこと、すでに tmd45さんがブログでもおっしゃっていることと同じなのですが

今日のイベントで印象的だったのは、みんなもよくわからんまま、とりあえず動いた成果を発表してたって感じがする。発表者があれだけ質問するのも珍しいと思う。その中でも勇気を持って発表してくれた人達に感謝。 #FuelPHPTokyo

@okb_m

masayoshi okabe

この一言に尽きると思います。

 

このタイミングで発表してくださった発表者みなさま、勉強会を開催してくださった @mukakenさん、会場を提供してくださったVOYAGE GROUPさま、貴重な勉強会を本当にありがとうございました!

そしてこの記事でも使用させていただいた FuelPHP 勉強会 東京ロゴを MIT Licence で公開してくださったtmd45さん、ありがとうございます!

わたくしも FuelPHP を触っているものとして、微力ながら何かしらの貢献をしていきたい所存でございやす!

 

おまけ

 

FuelPHP の勉強会、「今後は月一回のペースでやりたい」「女性の参加者が今の3倍くらいに増えるとスポンサーがつきます」との力強いお言葉をいただきました(女装でも可とのこと)。

PHPerのレイディース&男の娘のみなさま、次回はぜひとも FuelPHP 勉強会に参加してみてくださいな!

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Leave a Reply

  • (will not be published)