Posted by & filed under Apple, iPhone.

IMG_2439

 

すなわち、開封の儀です!

新しいイヤフォン(Apple EarPods with Remote and Mic)が評判がいいのと、iPhone5を触ってみたいのと、祭り気分を味わいたいのでApple Store渋谷店を覗いて来ました!お昼休みの歩く速度はわりかし早めな私です。

外の歩道にはまだまだ行列が続き、店内にはiPhone5目当ての人、人、人。なによりスタッフさんの数と元気がハンパない!

 

 

では、いきます!

 

ads

いざ、開封の儀

初めてのApple袋!

IMG_2421

 

どこをとってもAppleらしいデザイン。イヤフォンだけでワクワクするのも珍しいですよね!

IMG_2422

 

EarPodsの全貌。

IMG_2423

 

イヤフォンのコードが巻き付けられている部分は「収納トラベルケース」が正式名称のようです。

IMG_2424

コードを巻き付け、リモコンやイヤフォンもばっちり収められるケースです。なにげに便利そう!

 

イヤフォン部分アップ。

IMG_2425

今までのイヤーパッド式と比べて全くの別物です。

 

付け心地は如何なものか?

イヤフォン形状から想像して、てっきり上写真のスピーカー部分が耳の奥に入るのだとばかり思ってましたがそれは間違いです。

スピーカー部分がイヤフォンを装着した時に前に来る感じ(言葉での説明は難しいですね)でした。当然カナル型ではないので、耳にピッタリフィット!という訳ではないのですが、なんというか不思議な装着感です。

カナル型と違って耳の穴にスッポリとはまるわけではないので、外れにくい、というよりは「ずれにくい」といった印象。 イヤーパッド式にありがちな”少し動いただけで耳からずれる”感はないのでストレスは少なめでした。

ただし、上写真のスピーカー部分、ここは若干鋭角な角度ですのであまり耳の中でグリグリ押し付けると少し痛いので気をつけたいところではあります。(私はやらかしました)

 

音質で感じたこと

iPhone付属の旧イヤフォンと聞き比べてみました。個人的見解なので人それぞれの好みはありますが..という前提で…

まず感じるのは Appleが謳う「深く豊かな低音」でしょう。おそらく誰しもが驚きます。そして本当に大切なことは目で見えることだけではないんだということに気付かされます。”豊かな低音”という言葉もなかなか的を得ていて、低音強調スピーカーにありがちな、ブーミー過ぎてブンブンズゥンズゥンうるさい感じはありませんでした。いやらしくない広がり方です。(偉そう)

旧イヤフォンの時に感じた”こもった、くもった音質”も見事に改善されていて、全体的にクリアな音質になりました。以前よりギラギラする感じです。ただし、人によってはハイがきついと感じるかもしれません。また、クリアになった影響か音量も旧イヤフォンと比べると大きくなります。ただ、嫌いじゃないです。

 

聞き比べは以下の曲たちでやったみたです。

 

ついでに自分らの曲も聞き比べてみましたw悪くなかったっすっww

 

結論

これは買いでしょう!だってたったの2800円ですからね!下手にミドルエンドのイヤフォンを買い迷うのであれば間違いなくApple EarPods with Remote and Micをおすすめしたい次第です。

ここ最近はオーディオテクニカのカナル型イヤフォンを壊してから純正のイヤフォンをSonicMaxPro(SonicMax Pro – BBE Sound, Inc.)アプリ経由で聞いていたのですが、EarPodsであれば純正のミュージックアプリで快適に過ごせること請け合いだと私は感じました

 

あとがき

イヤフォン自体とは関係ないのですが印象的だったのが、支払いを終えた後、Apple Storeを出る時とスタッフさんたちの言葉が「楽しんで!

思えば私自身Apple Storeの実店舗で買い物するのが初だったので、いつもこんな感じ?祭りだから?は定かじゃないですが、とっっってもハッピーな気分になったのは間違いないです。

iPhone5買ってもないのにApple Storeの袋持って街中を闊歩してごめんなさい。

 

 

SonicMax Pro 1.5(¥250)App
カテゴリ: ミュージック
販売元: BBE Sound, Inc. – Thirsty Boy(サイズ: 4.3 MB)
全てのバージョンの評価: (242件の評価)

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Comments are closed.